News

[News]1年未満保存の行政文書の廃棄凍結についての質問に「回答を控える」 大量廃棄再びか?

 1年未満保存の行政文書が問題になっていることを受けて、6月19日付で「1年未満保存文書の包括的廃棄同意について一時凍結し、公文書管理法の見直しを求める要望」を出し、その後、9月14日付で「保存期間1年未満の行政文書の廃棄に関する質問状」を出していました。期限までに回答がなかったことから、質問状を送った内閣府公文書管理課に電話で確認をしたところ、「検討したが、今回は回答を控えたい」との回答を得ました。

東京都 公文書管理条例案を不開示、審議会の録音物は不存在

 4月26日までパブリックコメント中の東京都情報公開条例改正案と公文書管理条例案の概要。、パブコメ前に情報公開・個人情報保護審議会に情報公開条例は改正案を諮問し答申を得ており、公文書管理条例案が議案外で報告、意見を聞いています。

新銀行東京1225億円住民訴訟 判決声明

 情報公開クリアリングハウスの理事2名が原告となっている、新銀行東京に対する出資金1000億円のうち855億円を毀損したこと、その後400億円を追加出資をしたことに対する住民訴訟の控訴審判決が、2016年11月16日にありました。

選挙に行く前に政治資金をチェックしよう!2014

 政治をお金の問題が、この総選挙の直前にも問題になりました。  政治資金収支報告書は、紆余曲折を経て今は総務省と一部の都府県でweb上でも公表されるようになりました。2007年12月の政治資金規正法の改正により、それが可能になりました。このとき、同時に、国会議員関係政治団体の届け出と公表も始まっています。

衆議院国家安全保障特別委員会 参考人陳述資料

 11月19日(火)の14:20から、衆議院国家安全保障に関する特別委員会は、特定秘密保護法案等についての参考人質疑を行います。情報公開クリアリングハウスからは理事長が参考人として意見陳述を行うこととなりました。

【ニュース】福島県立医科大甲状腺検査結果の本人開示請求書等を専門委員会で配布 個人情報保護条例に違反

 福島県立医大放射線医学県民健康管理センター内に設けられている甲状腺検査専門委員会で、甲状腺検査結果の画像等の開示を求める自己情報開示請求書などが、個人情報を含んだまま会議資料として委員全員と事務局職員に配布されていたことが、情報公開請求によりわかった。

訃報 清水英夫元理事長逝去のお知らせ

 <情報公開クリアリングハウス>の初代理事長、清水英夫青山学院大学名誉教授の訃報に接し、ご冥福をお祈りいたしますとともに、ご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

【お知らせ】日隅一雄・情報流通促進基金の大賞を受賞しました

 昨年亡くなられた弁護士でジャーナリストの日隅一雄さんの生前の志と仕事を発展させ、表現の自由・情報公開・国民主権の推進のための取り組みを行っている「日隅一雄・情報流通促進基金」の第1回大賞に、情報公開クリアリングハウスが選ばれました。