Home » News

森友学園国有地売却経緯の交渉記録 証拠保全却下に抗告申立て

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinFacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedin

 東京地裁は、森友学園への国有地売却の交渉記録に関する電子データの証拠保全の申し立てに対して、却下と決定しました。

 これを不服として、6月6日に東京高裁に抗告申立てを行いました。

 なお、交渉記録の不存在決定取り消しを求める訴訟の第1回口頭弁論期日が7月19日(水)の13時半から、東京地裁522号法廷と決まりました。

 
<関連記事>
 森友学園国有地売却交渉記録の不存在決定取消で提訴、証拠保全申立てをしました(2017/5/20)
 森友学園国有地売却経緯記録文書 証拠保全申立て却下(2017/5/31)
 森友学園国有地売却交渉記録情報公開訴訟 弁論

Print Friendly, PDF & Email
rssrss