Home » News

自公政権時代の秘密保全法制検討資料 ほぼ不開示に対し審査請求

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinFacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedin

 自公政権時代に検討されていた秘密保全法制の検討資料が一部公開されたが、ほとんどが不開示となり、具体的内容がわかるだけの情報が公開されなかった。とりわけ、「秘密保全法制の在り方に関する検討チーム」で取りまとめられた報告書の内容がほぼ不開示となった。

 秘密保全法制の内容は、民主党政権になってからの「秘秘密保全のための法制の在り方に関する有識者会議」の報告書によるとされるが、この報告書の内容は、「事務局案」に沿って整理されたものであり、おそらくこの事務局案は自公政権時代の検討内容を引き継いでいるものと思われる。そこで、不開示部分の公開を求めて審査請求を行った。

 秘密保全法制関係の資料は  http://clearinghouse.main.jp/wp/?cat=21 を参照。

◎審査請求
 ・審査請求書(2012年3月16日付)
 

Print Friendly, PDF & Email
rssrss