【意見】情報公開請求者の「漏えい」は、情報公開請求する権利を阻害する行為である


 富山市議会での政務活動費の不正使用問題に端を発して、再びこの問題に注目が集まっています。2年前の兵庫県の「号泣県議」も、政務活動費の不正使用問題が問題となったのも記憶に新しいところに再びです。

 各地で改めて政務活動費の使途の情報公開請求がされ、その中で請求を受け付けた議会事務局の職員から、議員等に請求があったこと、請求者情報が伝えられていたことが富山県議会だけでなく、各地で明らかになりました。恒常的に請求者情報を議員側に伝えていた地方議会もあり、情報公開制度について基本的なことが理解されていないといわざるを得ません。また、これまでの報道からすると、何が問題かが理解されていない可能性もあり、当会としての意見を明らかにしました。

 情報公開請求者の「漏えい」は、情報公開請求する権利を阻害する行為である



Print Friendly