川内村、富岡町、浪江町、南相馬市の仮設処理施設建設予定地環境影響評価報告書

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinFacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedin

 2013年度に福島環境再生事務所から委託された実施された、川内村、富岡町、浪江町、南相馬市の「仮説処理施設建設予定地生活環境影響調査業務」の報告書の情報公開請求を行い、ほぼ公開された。


 仮設処理施設は、福島環境再生事務所の資料「浪江町における 災害廃棄物処理に関する 説明資料」によると以下のようなもので、不燃物と可燃物に仕分けし、可燃物の焼却・焼却灰の仮置場、不燃物のストックヤードを備え付けたものとなっている。

kasetsushori_image

 川内村は、川内村下川内五枚沢地内に建設予定。調査を行った事業者は株式会社環境管理センターとなっている。報告書は2013年12月に出されている。

 富岡町は、富岡町内とのみ報告書に記載されているが、6ページの地図では富岡川と紅葉川の間の、富岡駅を含む沿岸地域が建設予定地。調査を行った事業者は、平成理研株式会社。報告書は2014年2月に出されている。

 浪江町は、「マリンなみえパークとその周辺地域」(浪江町大字棚塩字向川原地内)に建設予定。調査を行った事業者はエヌエス環境株式会社となっている。報告書は2014年3月に出されている。

 南相馬市は、南相馬市小高区蛯沢字笠谷地内に建設予定。調査を行った事業者はエヌエス環境株式会社となっている。報告書は2014年2月に出されている。

 調査はいずれも、「廃棄物処理施設生活環境影響評価調査指針」(平成18年9月)と関連法令に基づいて実施したとされている。調査実施対象は、以下の通りだ。

 大気環境
  大気質 (窒素化合物、二酸化硫黄、浮遊粒子物質、塩化水素、ダイオキシン類)
  騒音 (騒音レベル)
  振動 (振動レベル)
  悪臭 (特定悪臭物質濃度、臭気指数(臭気濃度))
  放射能 (放射能濃度)
  放射線 (空間線量率)

 水環境
  水質 (生物化学的酸素要求量又は化学的酸素要求量、浮遊物質量、ダイオキシン類、その他必要な項目)
  放射能 (放射能濃度)

 報告書には各調査項目のデータも掲載されているので、調査でどのような現状環境であったかは確認できる。



【情報公開文書】

 平成25年度(平成24年度繰越)南相馬市仮設処理施設建設予定地生活環境影響調査業務 報告書
   業務打合せ簿  業務実施計画

 平成25年度(平成24年度繰越)浪江町仮設処理施設建設予定地生活環境影響調査業務 報告書
   業務打合せ簿  業務実施計画

 平成25年度(平成24年度繰越)富岡町仮設処理施設建設予定地生活環境影響調査業務 報告書
   業務打合せ簿  業務実施計画

 平成25年度(平成24年度繰越)川内村仮設処理施設建設予定地生活環境影響調査業務 報告書
   業務打合せ簿  業務実施計画




開示請求 2014年4月2日付
開示決定 2014年6月2日
決定者 東北地方環境事務所長
決定内容 一部開示


Print Friendly
rssrss