Home » News

メディア掲載「秘密保全法制に懸念 政府の説明責任が前提」

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinFacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedin

 2012年1月30日の日本経済新聞の「論点争点 メディアと人権 秘密保全法制に懸念 政府の説明責任が前提」中に、理事長のコメントが掲載されました。

※コメント部分のみ抜粋
 
 「何を秘密とするかも行政側が決めることになるが、自分を信じてくれでは話にならない。その過程や結果がいずれ評価、検証できることが前提。立法の検討段階ではそれを担保する手立ての議論を欠いている」

 「メモ類を公開・保存対象の組織共用文書にしないで済ませてしまう、これまでの行政のやり方が変わっていないようにみえる。情報管理統制だけの強化は問題が大きい。」
 

Print Friendly, PDF & Email
rssrss